細くてスリムな足を保つために足の爪のトラブルは要注意

細くてスリムな足を目指す女性は多いかと
思いますが、これを阻害する要因として
足のトラブルが挙げられます。

 

特に足の爪のケアを怠って、真っ直ぐに直立
することができなくなって、足の骨が変形
したり、O脚になったり、左右の足のバランスが
均衡していないで、足が太くなってしまったり
というトラブルを引き起こすことがあります。

 

足の爪で注意しなければならないのは深爪
です。足の爪を爪切りでカットする場合、
余計な力をいれると爪の端が短くなりすぎ
て深爪になることがあります。

 

この深爪によって爪の両角が皮膚に食い込んで
しまい、これを放置すると、細菌が感染したり
して膿、腫れ、痛みなどを引き起こすことが
あります。場合によっては歩行障害を引きおこす
ことさえあります。

 

爪のケアをするにあたって入浴跡やフットバス
を実施した後の爪が水分を含んでいるタイミング
で実施することが望ましいです。

 

また爪の長さというのは、爪切りより爪やすり
で調整したほうが無難です。

 

爪の両角はきちんと残し、まっすぐになるように
調整し、指の先端に手の人差し指を当てて
すぐに爪にあたるぐらいの長さをキープする
ようにすることがコツです。

 

またやすりを利用する場合は、爪の45度の角度
に当てて、一定方向にだけ力を入れるようにする
ようにしましょう。

 

また足のトラブルの要因を排除するために手っ取り
早く実践できる方法というのがあり、それは
靴を一切はかないで裸足になることです。

 

ただ実際仕事の場や外出の場において裸足で
出かけるというわけにはいきません。

 

そんな場合にこそサンダルを利用するということ
です。絹の5本指の靴下と鼻緒の部分が固定され
たものが望ましいです。

 

足の指をそれぞれ自由自在に動かせるような
5本指の靴下は、足の蒸れを防止して清潔さ
をキープすることができますが、靴を脱いだ
時に目立つというのが欠点ともいえます。

 

そこで足首まであるタイプというよりむしろ
足指だけをカバーするものを履いて、
その上にストッキングを履くというのが
良いでしょう。

 

また靴の中でくっついてしまって足の指が
独立して動かすことがでいないような
サポート力の強すぎるストッキングはできる
限り避けるようにしましょう。

 

ちなみに見た目のファッション性にこだわり
すぎて自分の足のマッチしていないものも
足のトラブルの原因となるので、できれば
控えるようにしましょう。

 

やはり美脚をキープするには、足のトラブル
を回避することから始めるのが良いでしょう。